電子書籍で気軽に読書してみたい

社会人になってからは日々のスキルアップのために本といえばビジネス書ばかり読むようになってしまいましたが、昔から読書が好きなのでもっと現実を忘れて読めるような小説やエッセイなんかを買ってみたいと思っています。

ジャンルとしては推理小説が好みだけれど、そういったものはじっくり時間をとって読むふけりたいときがベストなので、あまり考えずに読後の充実感を得られるものを探し中です。 最近は電車の中でもスマホばかりいじるようになってきたから、電子書籍になって出版されているものもいいかもしれないと気づきました。

デジタル化が進んでいるのは漫画のほうが多い感じがするものの、大手のランキングを見ていると意外にも小説が結構な割合を占めているので、スマホでダウンロードするのもアリかもしれません。会社に入ってからは残業が多くて本屋の営業時間内に立ち寄れないことが多いし、電子書籍はこんな私に向いている媒体と思えてきました。

以前にアプリを入れてみて試し読みしたことがあったときは、中断しても自動でしおりが挿入されて便利に感じたこともあり、家で読みかけのまま積んである本はスマホで電子版を購入してみようと思います。

値段もお店に出向いて買うよりも割引があったりして、なんとなくメリットが多いです。

プリズンスクール 缶バッジ

もうすぐ一年が終わることにびっくり

缶バッジをつくりはじめてもう1年。年を重ねるごとに一年が早く感じられるとはよく聞いていましたが、私もそれを実感するような年齢になりました。

特に出産してからの3年間は、いつの間にというぐらい時間の流れが速かったです。
今年も残すところわずかになりましたが、ついこの間年が明けたような気がするぐらいです。
この時期になると、年賀状作成、大掃除といった仕事が待っています。 年賀状は作成するのは私が担当で、写真選びからデザイン選び、印刷をする行程がめんどくさく感じることも あります。

しかし年明けに届く年賀状には作った人の気持ちが込めらていて、受け取ると嬉しいと思うので、 頑張って作ろうと思います。 大掃除に関しては、数年前には大掃除がきっかけで風邪をひき、年越しを体調不良でするという最悪な状況になってしまいました。

毎年私がやっていますが、今年は妊娠中なのもあって、旦那にお願いしようかなと思います。 実家の母はこれに加えて、おせち作りを毎年頑張ってやっていました。

監獄学園

母は正社員で働きながらやっていたので、今振り返ると本当にすごいなと思います。 私は専業主婦ですが、おせち料理を作ったことはありません。 毎年お正月には両方の実家でおせちをごちそうになるので、家で作る必要がないからです。 年末年始を家族で楽しく過ごせたら良いなと思います。

オリジナルの缶バッジ

小さい頃からあまり缶バッジというものが好きではありませんでした。 なぜかというとカバンに穴があいてしまうから。 バッグにぽつんと空いた真っ黒な穴がなんとなく好きになれなかったんです。

それに缶バッチの安全ピンがどこか子供っぽく思えていました。 でも最近は缶バッチと一言に言ってもいろいろな形があるんだなぁと言うことに気づきました。 止めるところが安全ピンだけじゃなくてピンズのものやクリップタイプのものがあるんです。 やはり穴を空けるのが嫌だという人が他にもいたのでしょう。

これにはちょっと安心しました。 やっぱり自分の持ち物に穴が空くのは嫌ですよね。

それから最近気付いたのですが、リュックにオリジナル缶バッジがついているのはとっても可愛い。 特に黒いリュックにワンポイントのように缶バッジがついているのは、子供っぽいというよりおしゃれ上級者という感じがします。

どんなグッズでも使い方なのでしょう。 トートバッグにつけているのも可愛らしいなぁと思います。 かくいう私も黒いリュックを持っているので、試しにつけてみようかなぁと思ったのですがいいデザインに巡り会えず。

缶バッジをみんなどこで買ってるんだろう?と検索してみたら、オリジナルの缶バッジを制作している会社にたどり着きました。 好きなデザインで作ってもらえるし、安い。

なによりほかの人と被らないということで、友人数名とオリジナルのものを作ってみることにしました。 まだ届いていませんが、到着が楽しみです。

美容室の制服にステッカー

今回自分がやっている美容室を全スタッフ制服化することになりました。 スタッフ側からの要望が強く、気軽に着れて、でもおしゃれでということから ワイシャツとステッカーを作成することになりました。

季節に応じてどちらとも使用でき、色も統一することでいいなと自分も感じました。

ワイシャツは色だけを決めて、柄などはまったく入れない方向で話がまとまりましたが ステッカーのデザインがなかなか決まらず決定するまでに一週間ほど時間がかかってしまいましたが、全スタッフの想いがこもった素晴らしいデザインのステッカーが完成しました。

もちろん、現場に出ずに社長室に籠りきりの自分にもスタッフが私用にデザインしてくれた制服をプレゼントしてくれました。 心にじんわりとくるものがあり、デザインが決まるまでは大変だったけれど、オリジナルの制服を作成して本当に良かったなと思いました。

今回、一番大変だったのは制作会社さんだったのではないかなと思います。
デザインの変更が何度もあるのは当然ながら、サイズや生地の感触など、うちのスタッフがだいぶ我がままを言いましたが、快く応対していただとても感謝しております。

最近のオーダーステッカー制作は凄いですね! うちの店でも季節に応じてまた違ったデザインや種類を制作してもらうのもいいかなと思いました。

缶バッジで悩んでいる時間も楽しい

ペット用のキャリーが古くなったので新しく買い替えました。

デザインも使い勝手も良くて気に入ってはいるのですが、 今まで使っていたものには他の方のと見分けが付きやすいように、 ペットの写真を印刷した缶バッジを貼っていたので、缶バッジが無くなってちょっと寂しいです。

前回同様に無地の缶バッジ台紙を買ってきて自分で印刷をしてみたのですが、 新品のキャリーに貼るとちょっぴり違和感がありました。 見慣れた缶バッジな筈なのに、キャリーが安っぽく見えてしまいます。

折角キャリーが新しくなったので、どうせならしっかりとしたキレイな物が欲しくなり、 検索してみたら1枚からでもオリジナルの缶バッジを制作してくれる会社があるんですね。

もちろん自分で印刷するよりも高くなってしまいますが、 仕上がりのキレイさや耐久性の良さは比較になりませんしね。 それにしても缶バッジって結構種類があるんですね。 缶バッジ制作を依頼してみようかと思って見ていたのですが、 種類が多すぎて結局まだ決められずにいます。

屋外にも持って出るので耐候性と耐水性はのあるものを選んでも、 まだいくつも選択肢が残っています。 ペットの写真を使いたいのでフルカラーも決定ですが、 キラキラ仕様も可愛くて良いかな、とか思ってしまったり。

どうせ作るなら納得のいくものにしたいので、 じっくりと時間を掛けて選びたいと思っています。

自分の名前が印刷されたステッカー

某アニメの限定品ステッカーが販売された際、店内に人が殺到した事があります。 アニメに馴染みのない人からすると、ステッカーを求めてそこまで人が殺到するのだろうか、とびっくりしてしまいますが、ファンからすると限定品、レア、好きなアニメの絵柄が印刷されている、というだけでとてつもなく貴重な商品となるのです。

ステッカーの金額は一つ50円からせいぜい500円くらいまでです。 大体が100円程度で購入できるのでは。

ガチャガチャでも缶バッジを商品としているケースが多く、100円や200円でガチャガチャを回せます。 安く販売されているステッカーですから、作るのも安値で行なえます。

オリジナルのステッカー製作も人気があり、自分の名前が印刷されているステッカーを作ったり、ペットの写真をプリントした缶バッジを作ったりしている人も多いです。

自分の名前がプリントできるオリジナル缶バッジ製作は若年層に人気があり、親が子供のために発注することもあります。 良いデザインなんて思いつかない、デザインセンスに自信がない、という人でも安心。 業者によっては、デザインの考案まで行ってくれる場合があるのです。 その際、別途料金が掛かりますが、デザイン性の優れた缶バッジを作って貰えるので安心ですよ。

オリジナル缶バッジ

缶バッチ製作の良さやコレクション

小さい頃、良く集めていたアイテムといえば缶バッチです。

昔から文房具シールなどをコレクションするのが好きだった私ですが、缶バッチを集めるのに一時期とても夢中になったことがありました。

缶バッチ 製作

どこかへ旅行へ行ったり遊びに出かけると、母にせがんで可愛い缶バッチを買ってもらったり、学校へ缶バッチを持って行って友達たちと交換しあったり綺麗な缶バッチがあれば自慢したり、缶バッチは子供時代の懐かしいおもちゃの一つでもあります。

昔は携帯電話や質の良いゲーム機などが無かったので、製作された缶バッチは子供にとって大人気のアイテムでもあったのです。

缶バッチの楽しさと言えば、非常に絵柄のバリエーションが広いことや、見ていて飽きないカラフルさだと思います。 綺麗な写真入りのものもあれば、シンプルにクールなロゴだけ製作されたアイテムもありますし、キャラクターやアニメとコラボした製作されたオリジナルのグッズもあったりします。

古いアイドルやアニメ製作された缶バッチは、今の時代においてプレミア物になっていることもありがちです。

押入れや実家などに眠っている缶バッチが思わぬ価値になっていることもあったり、製作された缶バッチはコレクターも非常に多いものです。 たくさん集めても場所をあまり取らず軽量ですし、絵柄も色も華やかなので見るだけで楽しいものです。

毎日四股をふむ!?

私は、思いっきり体を動かすことが苦手です。 そうです、運動音痴なのです。 得意な運動は皆無ですし、体育の授業がなくなると、凄くホッとしていました。

ですが、柔軟は好きです。
体は人より柔らかいという自信はありますし、自信があるからこそ毎日やっています。 最近はたまに四股をふんでいます。

もちろん、一人でいるときです。 正直言って、やる前は四股をなめていました。 私は人より体が柔らかいせいか、変な自信を持っていました。 ですが、やってみて気づきました。 ちょっと人より柔らかいくらいでは、四股はなかなかふめません。

物凄く不恰好になってしまいます。 私よりずっと大きい力士があんなふうに力強く四股をふんでいるのを見ると、凄いなと素直に思ってしまいます。

私もあんなふうになりたいとまでは思いませんが、あんなふうに思いっきり足を高く上げられるようにはなりたいです。

ですので、少しずつかもしれませんが、毎日やっていこうと思っています。 しかし、柔軟が出来たとしてもこんなに出来ないのですから、力士の方々はさぞかし物凄く柔らかいのでしょう。 どういうふうに鍛えているのか見てみたいものです。

私も負けじと、柔軟を頑張っていこうと思います。

さて本日もキーホルダーの業務が気合い前回アクリルキーホルダーの制作ってこれからの時期が忙しくなるのです。オリジナルグッズの中でも卒業シーズンによく動くのがアクリルキーホルダーです。

だからこの時期はアクリルキーホルダーを前面に出して営業もしているのです。

1月2月はグッズ業界はちょっと落ち着く時期ということもあるのでなおさらにアクリルキーホルダーをよくつくるようにしています。

ステッカーも引き続きがんばっています!

今年の営業も残りあとわずかキーホルダーとステッカーをがんばって展開していけるように!

缶バッジ 製作

おにぎりの日 ステッカーをつくるぞい!

シンプルで低コストなのに効果があり早い。そう、それはステッカーだと思います。

キーホルダー制作を生業としていますがオリジナルステッカーも別部署でつくっているのでとても気になるアイテムのひとつではあります。

今自分の中でステッカーの作成が熱いのです。

ステッカー 作成

1年以上前から弊社では取り扱っていまして、機材もありましたがあまり接点がなかったので気にしていませんでしたが、これってかなり便利なアイテムです。

手軽につくれるのがステッカーの魅力でもあります。これを押さない手はないなと日々感じています。

今日からステッカーをきっちりと営業していこうと思っている所存です。

 

シンプルで低コスト、なのに美味しいそして早い。 そう、それはおにぎりだと思います。 私は年に何度かおにぎりだけを食す日があり、おにぎりを食べる事に喜びを感じます。

日本人に生まれたら大抵の方がおにぎりと食すと思うのですが、このおにぎり1つ取っても その人の性格や生まれた環境の違いがはっきりと出ているように思いました。 私はシンプルに塩おにぎりが好きで、中には何も入れずそのまま暖かいうちに食べる事が多いです。

両親はサケや昆布といった定番の具をいれた、おにぎりが好きだと気がつきました。 最近ではコンビニにいろんな種類のおにぎりが並んでいますが、変わった物も多く 挑戦することもしばしばです。おにぎりの具といえば何が好きですか、という質問をすれば その地域の人によっても答えは違いますし、女性と男性、子供やお年寄りってだけでも 答えは変わってくると思いますが、おにぎりって食べ物を作った人は本当に尊敬します。 具はなんだっていいのに大体は美味しくなるのです。
缶バッジ
おにぎり記念日とかあればいいなと思う今日この頃です。 私の知り合いもおにぎり大好きなので、今度おにぎりパーティーでもして みようかと考えてたりもしています。 おにぎりの日。 考えただけで幸な気分です。

缶バッジ作成の秋

最近朝晩ひんやりしてきて、動きやすくなってきました! 近所では運動会が行われていたり、すっかり缶バッジ作成の秋です。

缶バッジ作成の秋って・・・。

無理やりですがそのように位置づけて弊社ではがんばっています。

オリジナル缶バッジの作成は今日も絶賛稼働中です。

そんな一般的には運動の秋と言われるこの状況を少し・・・。

 

私も、何か運動して体動かしたいなぁと思っていた所に、テレビで面白そうなフィットネス特集がされていました。 海外セレブがハマってる、ニューヨーク生まれのFEEL CYCLE(フィールサイクル)という、エアロバイクを漕ぐフィットネスが放送されていました。

ただエアロバイクを漕ぐだけではなくて、暗い部屋の中で大人数で大音量のクラブ系音楽に合わせてノリノリで漕ぐというものでした。 始めは、リズムに乗りながら漕ぐところからはじまるのですが、だんだん慣れてくるとエアロバイクを漕ぎながら、手を前や上に伸ばしたり、立ち漕ぎしたり、激しくなっていきます!

インストラクターの方がクラブ系の音楽に合わせて盛り上げてくれているのと、部屋が暗いこともあって、参加されている方達はキツそうだけど楽しそうでした! 1レッスン45分で、終わる頃には汗でびっしょりになっている参加者のみなさん。 ヨガやピラティスなんかも良いけど、ノリノリで気持ち良く汗がかける、こういうフィットネスもいいなぁと思いました! 近くにレッスンスタジオがあったら、是非参加してみたいです