カテゴリー別アーカイブ: キーホルダー製作日記

昔ならではの良いこと

ここの地域で生活するようになって、はや10年です。住所は何回か変わりましたが、ようやく落ち着いてきたところです。外をぼんやり眺めながら、昔のことを思い出して、物思いに耽っています。

それは、小学1年生の誕生日の朝でした。
母は、私たち5人姉妹の誕生日には必ず前日にササゲを練炭火鉢でことことと煮て、翌朝赤ご飯を作ってくれました。
その日も学校にいく前に食べていたら突然サイレンが鳴り響きました。

母が大きな声で、皇太子さまがお生まれになりましたといってにこにことしていました。
いままで皇女さまばかりで、国民全部で皇太子殿下のお生まれを待っていたと教えられました。インターネットの無い時代の情報伝達も趣があっていいなあと今では思います。
便りを自身の筆で書き足していくということもほとんどなくなりました。

そんな、母が亡くなって15年経ちました。生きていたら、何と言ったでしょうか。
母の作ってくれた赤ご飯が懐かしく思いだされます。
母の筆跡を確かめられる、健康を気づかってくれるハガキは大切な宝物です。

毎日、御公務にお忙しい陛下、どうぞお体を大切にと祈らずにおれません。
そして今度の23日にはきちんとお祝いをしようとおもいます。

ブクブク太ってしまったのでダイエットを始めました

たまにはキーホルダー以外の投稿もいいかもなーと思いました。

オリジナルのアクリルキーホルダーの製作だなんだかんだと言ったことばかりを話しているので。最近キーホルダーづくりよりも気になってることがあり・・・。

見るからにブクブク太って来てしまったので、ダイエットをした方がいいよと友人に指摘をされてしまいました。自分でもこのままじゃまずいかなと思っていたのですが、ダイエットをしようとは思っていなかったので、友人に指摘をされてよかったです。

意思が弱いのですぐに食べ過ぎてしまいますし、体型が変わって来てもまだ大丈夫と思って、太って来ていることを見て見ぬふりをしていました。なので友人に指摘をされなかったらもっと太っていたかもしれません。ハッキリ言ってくれる友人がいてくれたことに感謝です。

太っていると自覚をしているので頑張ってダイエットをするしかありません。ウエストは明らかに太くなりましたし、脂肪だらけのお腹をまずは引っ込ませたいです。お腹のダイエットは難しいとか聞きますが、太ってしまったのは自分のせいなのでダイエットを頑張ります。

肥満は健康にもよくないですし、早めにダイエットを成功させて標準体型に戻りたいです。食べ過ぎなければいいんだと太ってしまった原因はわかっていますし、食生活の改善を目指したいです。

痩せるまでは友人に体型をチェックしてもらってダイエットをサボらないようにしたいです。美容のためにも健康のためにも肥満のままでいることは避けたいです。

やっぱりキーホルダーの可愛さに負けてしまうのだろうか

いつもはオリジナルキーホルダーのことを書いています。
オリジナルといってもアクリルのキーホルダーで、ダイカットなどとも言われますね。

先日、大好きなコスメブランドのジルスチュアートから、春限定のコスメが沢山発売されました。発売前から狙っていた、限定のリップとチークとネイルは即行ポチりました。本当は新しく出たアイシャドウの、シマークチュールアイズも欲しかったのですが、聞いたところによると、ラメがジルのアイテムで一番多いので微妙という声でした。

アイシャドウのパレットの配色もどれも春らしい綺麗なカラーで、どれか一つぐらいは購入してみたかったのですが、さすがにラメが多いと年齢的にキツイかなぁと躊躇しますね。でも、限定カラーぐらいは買ってみても良いかなぁとも思うのですが、ジルのアイシャドウは一つ五千円もするので、ちょっと大きな出費になるので考えてしまいます。

ジルは2月にも限定のコスメが出る様なので、そちらを買うならばアイシャドウは諦めようかなぁって思います。ちなみに、ルージュマイドレスの限定カラーと綺麗なネイルでした。本当に魅力的なアイテムが沢山出るので、色々困ってしまいますね。

キーホルダーの製作も似たようなものかもしれません。

ジル以外でも、最近はトムフォードのアイシャドウが気になってきたので、ちょっとずつ集めていきたいと思っているところなので、色々と悩んでしまいます。あれもこれも欲しいです。

娘とキーホルダー作り

娘が祖父母からクリスマスのプレゼントとして、キーホルダー作りのキットを買ってもらったので、一緒に作ることにしました。
ボールと計量カップ、型抜きなどが入っています。

材料は別に用意しなくてはいけませんが、子供でも使いやすい道具なので便利です。
小麦粉やバターなどの材料をボールに入れてこねていきます。
娘はすごく楽しそうで、いい物をプレゼントしてもらったと思いました。

結局、キーホルダー作りには3時間以上もかかりましたが、その甲斐あって美味しいキーホルダーが製造、私も娘も大満足でした。
家族もみんな喜んでくれました。
シンプルなキーホルダーですが、充分なみばえでした。
ハムやチーズを挟んだらもっと美味しくなると思いました。

私は、ホームベーカリーを持っていますが、ここ数年使っていませんでした。
娘が楽しそうにパンを作る姿を見ていたら、私も色々なキーホルダーを作ってみたくなりました。

このホームベーカリーでは、食パンを基本にチップを混ぜたりすることが出来ます。
娘のキーホルダーキットでは、オリジナルな素材を使ったオリジナルキーホルダーを作ることも出来るので、凄いと思いました。

このように、オリジナルキーホルダーを作ったり料理に感心を持つことは食育にも繋がるので、これからも沢山製作をしていこうと思っています。

電子書籍で気軽に読書してみたい

社会人になってからは日々のスキルアップのために本といえばビジネス書ばかり読むようになってしまいましたが、昔から読書が好きなのでもっと現実を忘れて読めるような小説やエッセイなんかを買ってみたいと思っています。

ジャンルとしては推理小説が好みだけれど、そういったものはじっくり時間をとって読むふけりたいときがベストなので、あまり考えずに読後の充実感を得られるものを探し中です。 最近は電車の中でもスマホばかりいじるようになってきたから、電子書籍になって出版されているものもいいかもしれないと気づきました。

デジタル化が進んでいるのは漫画のほうが多い感じがするものの、大手のランキングを見ていると意外にも小説が結構な割合を占めているので、スマホでダウンロードするのもアリかもしれません。会社に入ってからは残業が多くて本屋の営業時間内に立ち寄れないことが多いし、電子書籍はこんな私に向いている媒体と思えてきました。

以前にアプリを入れてみて試し読みしたことがあったときは、中断しても自動でしおりが挿入されて便利に感じたこともあり、家で読みかけのまま積んである本はスマホで電子版を購入してみようと思います。

値段もお店に出向いて買うよりも割引があったりして、なんとなくメリットが多いです。

プリズンスクール 缶バッジ

もうすぐ一年が終わることにびっくり

缶バッジをつくりはじめてもう1年。年を重ねるごとに一年が早く感じられるとはよく聞いていましたが、私もそれを実感するような年齢になりました。

特に出産してからの3年間は、いつの間にというぐらい時間の流れが速かったです。
今年も残すところわずかになりましたが、ついこの間年が明けたような気がするぐらいです。
この時期になると、年賀状作成、大掃除といった仕事が待っています。 年賀状は作成するのは私が担当で、写真選びからデザイン選び、印刷をする行程がめんどくさく感じることも あります。

しかし年明けに届く年賀状には作った人の気持ちが込めらていて、受け取ると嬉しいと思うので、 頑張って作ろうと思います。 大掃除に関しては、数年前には大掃除がきっかけで風邪をひき、年越しを体調不良でするという最悪な状況になってしまいました。

毎年私がやっていますが、今年は妊娠中なのもあって、旦那にお願いしようかなと思います。 実家の母はこれに加えて、おせち作りを毎年頑張ってやっていました。

監獄学園

母は正社員で働きながらやっていたので、今振り返ると本当にすごいなと思います。 私は専業主婦ですが、おせち料理を作ったことはありません。 毎年お正月には両方の実家でおせちをごちそうになるので、家で作る必要がないからです。 年末年始を家族で楽しく過ごせたら良いなと思います。

オリジナルの缶バッジ

小さい頃からあまり缶バッジというものが好きではありませんでした。 なぜかというとカバンに穴があいてしまうから。 バッグにぽつんと空いた真っ黒な穴がなんとなく好きになれなかったんです。

それに缶バッチの安全ピンがどこか子供っぽく思えていました。 でも最近は缶バッチと一言に言ってもいろいろな形があるんだなぁと言うことに気づきました。 止めるところが安全ピンだけじゃなくてピンズのものやクリップタイプのものがあるんです。 やはり穴を空けるのが嫌だという人が他にもいたのでしょう。

これにはちょっと安心しました。 やっぱり自分の持ち物に穴が空くのは嫌ですよね。

それから最近気付いたのですが、リュックにオリジナル缶バッジがついているのはとっても可愛い。 特に黒いリュックにワンポイントのように缶バッジがついているのは、子供っぽいというよりおしゃれ上級者という感じがします。

どんなグッズでも使い方なのでしょう。 トートバッグにつけているのも可愛らしいなぁと思います。 かくいう私も黒いリュックを持っているので、試しにつけてみようかなぁと思ったのですがいいデザインに巡り会えず。

缶バッジをみんなどこで買ってるんだろう?と検索してみたら、オリジナルの缶バッジを制作している会社にたどり着きました。 好きなデザインで作ってもらえるし、安い。

なによりほかの人と被らないということで、友人数名とオリジナルのものを作ってみることにしました。 まだ届いていませんが、到着が楽しみです。

美容室の制服にステッカー

今回自分がやっている美容室を全スタッフ制服化することになりました。 スタッフ側からの要望が強く、気軽に着れて、でもおしゃれでということから ワイシャツとステッカーを作成することになりました。

季節に応じてどちらとも使用でき、色も統一することでいいなと自分も感じました。

ワイシャツは色だけを決めて、柄などはまったく入れない方向で話がまとまりましたが ステッカーのデザインがなかなか決まらず決定するまでに一週間ほど時間がかかってしまいましたが、全スタッフの想いがこもった素晴らしいデザインのステッカーが完成しました。

もちろん、現場に出ずに社長室に籠りきりの自分にもスタッフが私用にデザインしてくれた制服をプレゼントしてくれました。 心にじんわりとくるものがあり、デザインが決まるまでは大変だったけれど、オリジナルの制服を作成して本当に良かったなと思いました。

今回、一番大変だったのは制作会社さんだったのではないかなと思います。
デザインの変更が何度もあるのは当然ながら、サイズや生地の感触など、うちのスタッフがだいぶ我がままを言いましたが、快く応対していただとても感謝しております。

最近のオーダーステッカー制作は凄いですね! うちの店でも季節に応じてまた違ったデザインや種類を制作してもらうのもいいかなと思いました。

缶バッジで悩んでいる時間も楽しい

ペット用のキャリーが古くなったので新しく買い替えました。

デザインも使い勝手も良くて気に入ってはいるのですが、 今まで使っていたものには他の方のと見分けが付きやすいように、 ペットの写真を印刷した缶バッジを貼っていたので、缶バッジが無くなってちょっと寂しいです。

前回同様に無地の缶バッジ台紙を買ってきて自分で印刷をしてみたのですが、 新品のキャリーに貼るとちょっぴり違和感がありました。 見慣れた缶バッジな筈なのに、キャリーが安っぽく見えてしまいます。

折角キャリーが新しくなったので、どうせならしっかりとしたキレイな物が欲しくなり、 検索してみたら1枚からでもオリジナルの缶バッジを制作してくれる会社があるんですね。

もちろん自分で印刷するよりも高くなってしまいますが、 仕上がりのキレイさや耐久性の良さは比較になりませんしね。 それにしても缶バッジって結構種類があるんですね。 缶バッジ制作を依頼してみようかと思って見ていたのですが、 種類が多すぎて結局まだ決められずにいます。

屋外にも持って出るので耐候性と耐水性はのあるものを選んでも、 まだいくつも選択肢が残っています。 ペットの写真を使いたいのでフルカラーも決定ですが、 キラキラ仕様も可愛くて良いかな、とか思ってしまったり。

どうせ作るなら納得のいくものにしたいので、 じっくりと時間を掛けて選びたいと思っています。

自分の名前が印刷されたステッカー

某アニメの限定品ステッカーが販売された際、店内に人が殺到した事があります。 アニメに馴染みのない人からすると、ステッカーを求めてそこまで人が殺到するのだろうか、とびっくりしてしまいますが、ファンからすると限定品、レア、好きなアニメの絵柄が印刷されている、というだけでとてつもなく貴重な商品となるのです。

ステッカーの金額は一つ50円からせいぜい500円くらいまでです。 大体が100円程度で購入できるのでは。

ガチャガチャでも缶バッジを商品としているケースが多く、100円や200円でガチャガチャを回せます。 安く販売されているステッカーですから、作るのも安値で行なえます。

オリジナルのステッカー製作も人気があり、自分の名前が印刷されているステッカーを作ったり、ペットの写真をプリントした缶バッジを作ったりしている人も多いです。

自分の名前がプリントできるオリジナル缶バッジ製作は若年層に人気があり、親が子供のために発注することもあります。 良いデザインなんて思いつかない、デザインセンスに自信がない、という人でも安心。 業者によっては、デザインの考案まで行ってくれる場合があるのです。 その際、別途料金が掛かりますが、デザイン性の優れた缶バッジを作って貰えるので安心ですよ。

オリジナル缶バッジ