ラバーストラップ

気付くとラバーストラップというワードで検索エンジンのなかなかの上位に位置している状態になっていることを知りました。

世の中的にある程度需要のあるアイテムではあると思うので、ラバーストラップの製作案件がもっととれてもいいのではないかと感じています。

とれていない理由は、やはりWEBサイトの見せ方でしょうか。

これからは少しここの部分を強化していきたいと考えているので、分析して戦略を練っていこうと思います。

いろいろと着手していきたい部分は多くあるのですが冒険を嫌う社風からやりたいことややらなくてはいけないことを気にしつつもできていない、そんな状態が続いています。

このままではよくない。

社風そのものを変えることは個人的には難しいと思いますが、挑戦をしない企業は退化していくだけだとは感じていますし、変えていくべきところはゆるやかにでも変えていかなくてはいけないと思うのです。

キーホルダーの製作という事業自体は製作が外国に流れているものも多くあると思いますが国内での需要はもっともっとのびると思いますし、ラバーストラップなんてものも同じくもっと価格であったりもろもろがよい環境になって、それぞれの人がもっと気軽につくれるような環境になっていくと思います。

バスに乗り遅れるな。

とまで言うと大げさですが模索し続け進み続けることが生き残って行く為の必須事項ではあると思うのでキーホルダー業界で存在感を増して行く為にも努力は必要ですね。

その努力がお客様にとって使い勝手の良いもの、良いサービスを生み出すことにつながると思うのです。

お客様に喜ばれることが商売の基本ですから。

缶バッチ